大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

<   2018年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

a0153209_22204276.jpg
『編集者冥利の生活』(古山高麗雄・中公文庫)に収録された戦後間もない頃の作品、「裸の群」を改めて読んで気づいた。

まあ、これは思いつきというか、何の確証もないけれど、作者を投影している、サイゴン中央刑務所の同房の日本人の中でフランス語を唯一操れるという「朝田」という主人公。

「ああ『朝』なのだな」と思った。「裸の群」を原型にしてなった「プレオー8の夜明け」(芥川賞)は、サイゴン中央刑務所の「朝」の光景から始まるのだった。

まあ、当然か、「夜明け」と「朝」。

あの作品、すなわち「プレオー8の夜明け」は、朝を待つ作品だったのかなあと思った。それを託して、「朝田」と、原型の作品では名付けたのだろうかなあ。

ちなみに上の写真は2017年に撮影したサイゴン中央刑務所あたりの風景。
a0153209_22193966.jpg

こちらは裁判所の建物の装飾。

「プレオー8の夜明け」では、馬車が近くの通りを行く感じが書かれていたけれど、今はバイクの洪水なのであったな。

裁判の記録も詳しく見て、いかに彼が助かりたかったか、を感じた気がする。芥川賞を受賞してから発表した作品では、割合、淡々と裁判のことを書くものが多かったけれども、カタカナ交じりの日本語で記された裁判記録には、言葉を筋道立てて使い、説得的に話す姿が残っていたなあ。
a0153209_22273379.jpg
上の写真は、自分がベトナムに住んでいた折に乗っていたと思しきバイクを見つけたときのもの。真ん中のヤマハmioがそれだけれども、ナンバーをあとで詳しく見たら、違っていた、ま、当然か。



[PR]
by tamaikoakihiro | 2018-09-15 22:28 | 作家 | Comments(0)