大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

「類似」について

オリジナルということは、世の中はどれだけあるのだろうか。

歴史に属することに興味を持つようになって、多くの何かが、それ以前の何かの類似物(もしくはそれに近いもの)であることを感じるようになった。

例えば「東亜経済調査局附属研究所」は、大川周明がそれ以前に関わっていた「大学寮」という教育機関との類似に最近気づいた。これは宮城内にあったもので、若者と起居を共にして教育を施した。

この「大学寮」は短期間で終わるのだが、その後、大川周明は似たような教育機関をつくっているわけである。

ここでは、類似という言葉は不適切かもしれない。初志、素志という言葉と関係があるのだろうか。

とにかく大川周明は自分の後に続く若者を欲していたのだ。

一度やろうと思ったことは、人は、何度でもやろうと思うのだろうか……

そう考えると、私自身が今やっていることは、何か昔やっていたことにルーツを持つのかもしれない。

ともあれオリジナル云々の疑問に、もちろん答えはない。
[PR]
# by tamaikoakihiro | 2010-05-10 21:45 | 雑感 | Comments(0)

「材を取る」ということ

「取材」を広辞苑で引くと、次のようにある。

ある物事や事件から作品・記事などの材料を取ること。
[株式会社岩波書店 広辞苑第五版]

人に話を聞かせてもらうことも、もちろんその一つだろう。
相手から了解を得ること。これが最初の関門になる。

先日東亜経済調査局附属研究所の卒業生の方に、手紙で
取材を申し込んだ。その方の手記は、同窓会報で読んでいた。
手記を一冊の本に私家版としてまとめたことも知っていた。

私家版だから、私はある方のところで見ただけで
入手はしていない。

結果は「手記に書いたこと以外は何もないので」とお断りを頂戴した。
むずかしい、と思った。

私の書いた短い記事を読み、もしかすると、その方向性や書き方に
不満を抱いていらしたのかもしれない。

そんなことを思うと、人と会うこと、そしてその結果を文章にまとめることの
難しさに至り、考えが尽きなくなる。
[PR]
# by tamaikoakihiro | 2010-05-09 07:17 | 雑感 | Comments(0)

「東京人」6月号

もう5月になり、新緑が目に眩しく、気持ちがよい。

昨年の8月に筆を起こした原稿が、ようやく2回目の掲載となった。今回も編集の方にさまざまのご面倒をかけて、どうにか掲載してもらえたものと感じている。

a0153209_9432934.jpg

























巻頭のエッセイでかの中島岳志さんが寄稿されている。橋本欣五郎のことを、朝倉文夫との関係で記している。ちょうど、みすず書房の『橋本大佐の手記』を読み終えていたところだったため、背景など、感じながら読めた。

(さん付けで書いておいて、お目に掛かったことは、一度もない。以前知り合いの編集者に、著名な作家のこととを、さん付けで呼ぶのって、面識があってもどうかしら、と言われたことがある)

クーデターを、えいやこらっと勢いをもって企図し、実行しようとする人たちがいた時代を思う。日本近代の青春期の終わりだったのだろうか。

では戦後は、働き盛りの壮年期だったのだろうか。

では今は?
[PR]
# by tamaikoakihiro | 2010-05-04 09:45 | 東亜経済調査局附属研究所 | Comments(0)

かつて植民地があった

日本はその昔、台湾と朝鮮を植民地とした。

同じ頃、アジアのほとんどが植民地だった。支配者はヨーロッパ列強である。

大川周明の『復興亜細亜の諸問題』を読むと、時代性というものを痛感する。

日本が膨張したのは、そしてアジアの盟主たらんとしたのは、そうしなければ日本も他の地域に同じく、列強に支配されるという、強烈な恐怖感があったのだろうと、これは多くの人が指摘するところのようだが、私もそのように思う。

「世界はホワイトのものだったんですよ」

大川塾二期生のある方は、私にそう話してくれた。

『復興亜細亜の諸問題』から少し引くと――

「今日のアジアは、ヨーロッパの臣隷である。奴隷に何の問題があり得るか。奴隷に何の理想があり得るか。奴隷は唯だ主人の意志に従い、主人の利益のために動かさるる走屍行肉に過ぎぬ。故に真の意味に於けるアジアの問題は、アジアが自由に得たる時に始まる」

被支配の状況に置かれたアジアを見て、何とか独立を保っている日本の人間として、語るべきことを、大川周明は多く、抱えていたのだろう。

しかし、植民地など、もはや制度としては、存在していない。それを実感として知るには、書物によるしかないところだ。

幸運にも、私は当時を知る人に話を聞けたから、ほんの少し、想像するよすがを得た。

本当に、幸運なことなのである。
[PR]
# by tamaikoakihiro | 2010-04-29 21:48 | 東亜経済調査局附属研究所 | Comments(0)

昭和の日

今日は昭和天皇の誕生日である。戦前戦中であれば、天長節というのだろう。

いまは「昭和の日」と名前が変わっている。

昭和は、私自身の生まれた時代であるけれども、生きている時代は、平成の方が長くなった。

元号を一つ、またいだわけである。

よく大正生まれは、兵役で苦労した世代である、といういわれ方をしていた。同世代の多くを戦争で失っている。身近に死を何度も見て、そのたびに辛い思いをしてきた方々である。

そういった方々に私は話を伺う機会を得てきたわけだが、多くの人が、戦中・戦後の苦難を経て、現在ではおおむね安らかな生活をされているように見受けられる。

辛い日々の積み重ねが、晩年に報われているのだ、と言っては、私のような人間の言葉として、僭越であり、無礼であると思うが、しかしそういう気持ちを抱くことを、私は抑えられない。なぜなら私の世代も、一つの報いを受けていると感じるから。

私の世代は就職氷河期世代とか、デフレしか知らないとか、苦労が何かと多いように言われる。そのことに対する違和感を、私は大正生まれの方のお話を伺ううちに、強く抱くようになった。

人によって差はあろうが、戦後生まれは、実感として、子ども時代十分に食事をさせてもらい、少年期もお金のかかるクラブ活動やら遊びやらに専心して、何の文句も言われず、むしろそれを奨励された。死ぬ恐怖を味わったことは、一度もなかった。何とも平和な話ばかりしてきた。

つまり与えられてばかりであった。それが少なくとも私個人の実感である。

そのときもらい過ぎたから、大人になって、得るもの(金銭的に)が少ないのだ、これも因果なのだ、と私は思うようになったのだ。

贅沢を、人は言ってはいけないのだ。与えられたら、どこかで失うのだし、失ったら、どこかで与えられることもあるのではないか。

以上、「昭和の日」の朝、安閑とした暮らしを送りながら、考えたのである。
[PR]
# by tamaikoakihiro | 2010-04-29 09:25 | 雑感 | Comments(0)