大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

<   2016年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

75年前、バンコクで大使館主催ですき焼きの会に参加していたという、当時、若者だった方から伺った話を思い出す。開戦前の、ある種の工作だったのだろうか。東亜経済調査局附属研究所、通称大川塾に学び、開戦の年にタイに派遣された卒業生の方だった。

毎年、このことは思い出し、ここに書いている気がする。自分にとって大事なことだからやはり書いてしまう。

タイに、日本軍は無血進駐したということになっているようだけれども、実に、その頃のバンコクは緊張感に満ちていたらしい。

マレー半島の町に上陸する日本軍とともにあった大川塾生の手記を読むと、タイ側との激しい交戦があったことがわかる。上陸される町の領事館にいた大川塾生の手記も興味深いものがあった。

そのあたりのことは、『大川周明 アジア独立の夢』(平凡社新書)に書いたけれども、思い返しても、バンコクの夜、日本軍進駐となるや、大川塾生がいかなる働きをしたのか、興味深いことだと思う。

今年も12月8日が近づいて来たな、と思う。

アメリカと戦争をしたと知らない世代もあるそうだけれども、私にとっては、75年前のことを、語ってくださった方々のことを思うと、昨日のことのように、何かが想像される。自分の経験には、絶対にならないにもかかわらず。

すき焼きの会のことを話して下さった方は鬼籍に入られた。大川塾のことを知りたいと思った私に、さまざまな助けの手を差し伸べて下さった方だった。本ができたあと、インド独立運動の英雄、チャンドラ・ボースにまつわる集いの席でお目にかかった。

そのとき、「よくまとめましたね」と優しく言って下さった。思い出すと、涙が出そうに、なる。
[PR]
by tamaikoakihiro | 2016-12-07 22:17 | 東亜経済調査局附属研究所 | Comments(0)