大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

<   2014年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

戦争ゆえに

表彰式の折にかかる音楽というのはいつも決まっている印象がある。
その曲が何であるか、それは湾岸戦争の頃に知った。

https://www.youtube.com/watch?v=7e06JEupzvA

その折、イラクとイスラエルの関係を紹介した記事の類を読んだ。
ユダヤ教に興味を持った。

旧約聖書(このいい方はキリスト教の側からによるもの、ということだが)の
挿話などを紹介する本も読んだ気がする。

その中のコラムに「マカベアのユダ」のことが書いてあった。

これに由来するクラシックの曲があり、それこそ表彰式のときに使われる
音楽である、ともあった。

戦争がゆえに、そんなことを知ったのだなあ。

このところでは、「天国と地獄」(カステラのCM以来のなじみ)の
調子と曲名がようやく一致した。

https://www.youtube.com/watch?v=TkzVG1WPtyU

ある作家(故人)はビルマで従軍時、匪賊討伐と言われて出動した。

走りながらこの曲の「たんたーんたかたかたんたんたかたかたんたん」
を頭の中で流していたらしい。

自作でも書いていたことである。
最近、その作家から直接そのことを聞いたという方からも教示を得た。

実にありがたいことだ。
[PR]
by tamaikoakihiro | 2014-01-05 16:05 | 作家 | Comments(0)