大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

<   2013年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「末席を汚す」と表現してよいのかどうか。拙稿掲載誌を眺めて、仰ぎ見るべき執筆者の方々の名前にそんな風に思った。自分の書いたものがここにあっていいのかな、といった感じ。「こころ」(第13号・平凡社)。
a0153209_2105044.jpg


それにしても自分が読み進めた本を、誰かに紹介するというのは、大変難しい。

そんなありきたりのことを、今回痛感した。

よく書くためにはよく読まなければいけない――

そんなことを、大学時代に聞いたか、読んだかした。

同じ学部の中に、作家養成コースみたいな専修があった。
そこの教授が言っていたことだったと記憶している。

ところで「こころ」(第13号・平凡社)で読むべきは、「回想 わが昭和史」だと強く思っている。
[PR]
by tamaikoakihiro | 2013-06-05 21:02 | 雑感 | Comments(2)