大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

カテゴリ:南洋学院( 8 )

大東亜戦争が始まった翌年の1942年(昭和17)、サイゴン(現ホーチミン市)に日本の高等専門学校が開かれた。

「南方開拓」において、指導的な立場を果たす日本人を育成するためだった。


学校の名前は、南洋学院といい、主に旧制中学の卒業生が試験を受けて合格すると、海を渡った。修学は2年だったか。3期生まで学んで、敗戦を迎え、短い歴史を閉じた。

a0153209_16410273.jpg
(南洋学院の校舎。日本が接収する以前は、華僑が使う建物だった。この建物の南洋学院開設以前のことは、大川周明の弟子のひとりからも聞いたことがある。)

2004年、この学校の1期生から3期生まで、何人かの方に会って話を聞かせてもらった。

「校舎は残っているんです」と聞いて、旅行で行った折、さらに移住した折に何度か訪ねた。現在はベトナムの会社が使っているようだった。隣はトヨタのショールームで、修理のスペースは学校の敷地内に入っているようにも見える。

今回10年ぶりに訪ねて、撮影した。場所はサイゴンとチョロンの間である。記憶の通りの場所に、残っていた。安心した。
a0153209_16483116.jpg
(後方がY字橋)

南洋学院の生徒たちが「カドヤ」と呼んで繁く通ったという近所の食事や喫茶ができる店は、なくなっていた。夕涼みに行ったという、Y字型の橋「Y字橋」は残っていた。

a0153209_13500645.jpg


(写真は、当時税関だったという建物)

華僑街のチョロンにつながる大通りの高い樹木は、おそらく往時と変わっていないだろうと思われる。もし敗戦後もなくならず(それはムリな話だろうけれども)に存続していたら、「南方」をよく理解し、土地の言葉(ベトナム語)にも精通した人たちが多く、日本人として活躍していただろうと想像する。

上海にあった東亜同文書院の南方版とでもいえばいいのだろうか。同文書院か南洋学院かと考えたというOBにも会ったことを思い出した。
a0153209_16442086.jpg

[PR]
by tamaikoakihiro | 2017-08-25 16:51 | 南洋学院 | Comments(0)

天ぷらそば

2004年に、南洋学院のことを調べ始めたとき、ちょうどこれくらいの季節だったのだが、横浜港の見えるビルの大きな会議室で、卒業生の二人に会って取材した。

取材後、出てきたのは大きなエビ天が二本ついた天ぷらそばであった。私は緊張しつづけで、ろくに味わえずに、でも空きっ腹だったからしっかり頂いた。

お一人は、私の出身高校が旧制中学だったとき、そこを卒業して南洋学院に入り、サイゴンに向かったのだった。

淡々と話し、変な抑揚とは無縁の方だった。その場でその方はぽつりと仰った。

「兄貴は飢えて戦場で死んだ、僕が生き残って申し訳ない」

それが天ぷらそばを食す前だったか後だったかは、もう忘れた。音声を聞き直せばわかるかもしれないけれども。

この申し訳ないという気持ちは、戦争を経験した世代にある程度共通するものだと、自分なりの取材を通じて感じている。

申し訳ないと思ったってどうなるという意見もあるのかもしれないけれども、道理では片付けられないのが感情なのだろう。

最近は天ぷらそばを食べる機会がないが、今日は蒸し暑く快晴だったから、横浜港を臨む会議室と、「申し訳ない」とつぶやいた大先輩のことを、思い出した。
[PR]
by tamaikoakihiro | 2011-07-04 21:03 | 南洋学院 | Comments(0)

サイゴンの高等専門学校

戦時中サイゴンにあった日本の高等専門学校、南洋学院については、在籍した方の著作が二冊、公刊されている。いずれも資料として、読み物として非常に面白く、飽きさせない内容だ。お一人はさる有名出版社で編集者をされていただけあって、文章としても学ぶところが多かった。

『愛国少年漂流記』(新潮社)がそれである。

記録として書き始め、終わってみたら小説になったのだという。

著者の方には一度お目に掛かり、一度電話で話をうかがった。自分に厳しいまなざしを向けられる方なのだろう、と感じた。

葬式は不要と言い残しておられたようで、その方の死は同期生の方からの知らせで知った。

お目に掛かったのはすでに5年以上前のことになってしまった。

何ということだろう。
[PR]
by tamaikoakihiro | 2011-02-01 07:32 | 南洋学院 | Comments(0)

鹿児島の思い出

鹿児島の桜島はいま冠雪しているらしい。鹿児島在住の方からお便りを頂戴して、そこにそのように記されていた。その方は、戦時中サイゴンにあった高等専門学校、南洋学院一期生である。著作物も数冊お持ちで、私にとっては大先輩にあたる。

二度、以前お目にかかるために鹿児島に伺った。二度とも、桜島を望見する市内のホテルの喫茶室にお招き下さった。私は市中心部から市電に乗って数駅のところで降りて、ホテルへ向かった。帰りはたいてい夕方で、赤く焼けた桜島を眺めるのは、この上なく幸せに感じられた。

サイゴン時代のお話をうかがう中で、お務めになった日南造船という、大南公司系の会社に不思議な老人が出入りしていたことを教えてもらった。ちょっとした情報工作などしている方に見えたようである。

大南公司社長・松下光廣がベトナム独立運動支援をしていたことは、すでに知っていたから、非常に興味深く思った。

さて、自分の書き物の完成を急ごう。よい師匠は、自分の心がけ次第で得られるのだ。
[PR]
by tamaikoakihiro | 2011-01-31 20:53 | 南洋学院 | Comments(0)

訃報について

私が仏領インドシナ(ベトナム、カンボジア、ラオス)、そして南方に関心を深めるきっかけとなった最初の取材でお目に掛かった方が、昨年半ばに急に亡くなっていたことを、昨日知る。

初対面は2004年6月だったと記憶する。

その方は戦争中、サイゴン(現ホーチミン市)にあった日本の高等専門学校、「南洋学院」の三期生だった。

取材時に訪れたのは同期生の方が営む弁護士事務所だった。

その方(Tさん)は、厳しい面持ちの人で、初めて取材というものをする私は緊張した。

ただ話をうかがっていくと能弁で、知人もたくさん紹介してくださった。

本当に、私の「南方関与」のスタートを支えてくれた方だった。

東亜経済調査局附属研究所(大川塾)のことを紹介してくださったのもこの方だった。

世田谷・赤堤にあるゴルフ練習場で「ベトナム会」という会を時折催していらっしゃって、私はそこで元外務官僚(ベトナム通)の方にもお目に掛かった。

その方もまた亡くなってしまった。

いろいろと貴重な出会いを与えてくれた方なのに、ベトナムに住んで、帰国してから一度もお目に掛かっていなかった。挨拶さえしに出かけなかった。

取材者として怠慢というほかない。

08年にTさんからあることでメールで叱責され、私は自分の不明を恥じた。

それなのにお詫びにさえ伺わなかった。

会える人には会えるうちに会わないと当然会えなくなる。
[PR]
by tamaikoakihiro | 2011-01-20 09:31 | 南洋学院 | Comments(0)

戦争の終わりについて

昨日は敗戦から65年目の一日だった。戦争を経験した人は、私の知る限り、この日に思い入れを持たない印象がある。

それはそうだろう、と自分で以前人に問い、納得した覚えがある。

戦争はずっと続いていたのである。そして、ある人にとっては、その日以降も、戦争中と変わらない毎日があったかもしれないのだ。

フランス領インドシナにいた南洋学院OBのある方は、戦後はベトナムの独立勢力、ベトミンへ勧誘されたり、逆にフランスに命令されてベトミンとの戦闘に駆り出された。

そんな方の話を聞くと、敗戦の日というある一点について、極大化してすべてを語ろうとすることは、大きな間違いのような気がしてくる。

敗戦の兆しはどこからかずっとあったのだろうし……

そんなことを、翌朝(今朝)の「平和の近い新たに」式の論調に埋め尽くされた新聞を見て、思った。
[PR]
by tamaikoakihiro | 2010-08-16 09:13 | 南洋学院 | Comments(0)

記念の品として

「(「東京人」を)孫に記念として上げたい」と仰った東亜経済調査局附属研究所、通称大川塾二期生の方のお便りのことを、改めて印象深く思った。

そして別のことを思い出した。

南洋学院三期生の方が一昨年亡くなった折、私は葬儀に参列せず、またそのこと自体知らなかったが、あとで同期生の方から「あなたがあの雑誌に書いた南洋学院の記事を、彼の棺に入れておいたんだ」と伺った。

後日お宅を訪問して奥様のお目に掛かり、そのことを思い出して、切なくなった。

私の「南方関与」は、そうだ、南洋学院から始まったのだった。三期生の弁護士の方に手紙を送り、そのお返事を頂戴してから、すべて、何かに引きずられるように来た。

どんな形であれ、後学の身を助けてくれる人ほどありがたい存在はないと思う。
[PR]
by tamaikoakihiro | 2010-07-26 05:30 | 南洋学院 | Comments(0)

65年前のこと

ここ数年、正確に言うと、新卒で入社して書籍編集者として
勤めた会社を辞した2004年来、ずっと大東亜戦争に
まつわることを調べ、人に会ってきた。

そのころを体験として知る人は、私の場合、
徴兵にあったかどうかどうかで、興味が決まる。

僭越な話ではあるが、そういう基準を設けている。

とすると、敗戦のときは20歳前後なのである。
いまや85歳くらいの方々であり、人生の大先輩というほかない。

そのころのことを私が尋ねるとどうなるか。

「8月15日? の守備隊にいましたよ。峠を登ってくる
トラックの上から兵隊たちが“終わったぞー”と叫んでいましたね」

こう話してくれた人は、南洋学院という、サイゴン(現ホーチミン市)に
あったある日本の高等専門学校に在籍、サイゴンで応召した
経験の持ち主である。

私はほんの数年前、その峠を下から望見し、また実際にバスで
通過した。守備隊がいたという周辺も見た。

敗戦を異国で迎えた人のことを思った。

そんなことをとりとめもなく想像しながら、これからあれこれ
まだまだ調べたいと思っている。

いまのことろ、ちょっとした成果しかなくて、これまた数年前、
短い文章にまとめた。

『ベトナム秘史に生きる日本人』と題した。

幸いにも尊敬する編集者の方の教示を多々受けることができた。
それである出版社のサイトで発表させてもらった。

まとめたから、なんとなく、わかった気がした。
しかし取り組む相手は、65年以上前のことである。

そうそうわかるもんか、といつも誰かから言われている気がする。
[PR]
by tamaikoakihiro | 2009-12-23 00:14 | 南洋学院 | Comments(0)