大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

戦争を知らない人間は、半分は子供である(大岡昇平)

『証言その時々』(大岡昇平・講談社学術文庫)を読み直した。「群像」に寄稿した随筆があった。

「戦争を知らない人間は、半分は子供である」と、私は昭和二十六年『野火』の中に書いた。
これは私の書いたものの中で、評判の悪い句である。若い人の批判があり、私信で抗議がよく来る――とあった。

そのあとを読むと、「戦争を知らない同年配の人に向って、アイロニーとしていったつもり」だったことが書かれている。

そうだったのか。私は、てっきり、戦争を知ることなく、「反戦平和」に流れる戦後の風潮を皮肉ったものであり、
徴兵年齢に戦時中、達していなかったであろう若者に向けた言葉だと、思っていた。

しかし、大岡が会社員だったところからフィリピンの戦地に送られたように、普通の人が、ある人は戦地に行き、ある人は
いかずに済んだ現実が、やはりあったのだろう。

そして、大岡自身が戦地で大人になった、という実感があったのではないのだろうか、と想像する。
戦争ぐらいで人間の本質は変わらない、といったことを『証言その時々』の中の随筆に書いていたけれども、
そんなことではないかな、と思う。


[PR]
by tamaikoakihiro | 2017-05-20 06:03 | 雑感 | Comments(0)