大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

敗戦、終戦、記念日

「終戦記念日」という言い方がある。

八月十五日のことである。敗戦といわず、終戦と言うことに違和感を覚える人は、ある程度、いるようだ。

小説家の古山高麗雄は、違和感をどこかで書いていたと記憶する。近くでは車谷長吉も書いていたなと思う。

そして「記念日」。記念日というと、何かおめでたいことに使われそうである。「結婚記念日」とか。

すると、敗戦は、喜ぶべきことだったのだろうかと思ったりする。(あの戦争にもし勝っていたら、浮かぶ瀬は無かったと、古山が対談で語っていた)

a0153209_03533616.jpg
(写真は十年以上前、ベトナムで撮影したもの)

[PR]
by tamaikoakihiro | 2017-08-14 03:54 | 雑感 | Comments(0)