大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

三九事変、明号作戦、仏印武力処理

72年前の3月9日、フランス領インドシナで日本軍が行動を起こして、フランス植民地政府を打倒した。2005年の3月9日を、ベトナムのニンビンで迎えたことを思い出す。

ゲストハウスというか、あれはNHA NGHIというのが正確なのか、とにかく宿で、ものを思ったことを、覚えている。
a0153209_22460209.jpg
あの軍事行動のことは、三九事変ともいうし、軍の作戦名では明号作戦というし、別の言い方では仏印武力処理というのである。

私は古山高麗雄が、プノンペンで明号作戦に参加したことを、彼の著書から知った。ニンビンにいるときに、それでプノンペンのことを思ったな。

その後、大川周明の弟子の方々のことを知るに至り、この前、天皇陛下、皇后陛下が訪れたフエで三九事変に参加した、大川周明の弟子の一人の方の行動にも興味を持った。

その方は、フエの王城に乗り込んだということなのである。そして、かりそめの独立にわくフエの町にあって、独立運動の闘士である老人に会い、その老人が「血を流さなければ本当の独立はない」と語るのを聞いたというのである。
a0153209_22474934.jpg
もうこういう歴史に際会した日本人の数は寥寥たるものだろうと思う。

しかし、直接に話を聞かせてもらったから、私にとってはどうしても忘れられない事実だなあ。
a0153209_22485905.jpg

[PR]
by tamaikoakihiro | 2017-03-09 22:49 | 東亜経済調査局附属研究所 | Comments(0)