大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

ベトナム残留日本兵、それと将校

天皇陛下がベトナムを訪問している。ベトナムに残留した日本兵の家族に会ったということだ。たぶん、兵の階級だけでなく将校の階級でも家族を持った人がいただろうと思う。

10年前、残留した日本人のことを書かせてもらう機会があった。

もっと前、そうだ、10数年前、ベトナムに残留してその後、帰還した将校の一人にお目にかかって話を伺った。多摩の山の方にお住まいだった。確か、お宅を訪ねて行ったのだった。

a0153209_01062521.jpg

写真は中部クアンガイという町で撮影したもの。クアンガイに、日本人が指導するベトナムの陸軍士官学校がつくられたのだったと記憶する。そのことも伺った。


そのあと、ベトナムに移り住んだ。そして、ベトナム戦争終結後しばらくまで残留していた、元日本兵(といってもその当時は成人男子の義務だったから、兵隊というのは特殊な存在ではないのだが)の一人に話を何度か聞いた。結構な頻度でお宅を訪ねた記憶がある。

a0153209_01051780.jpg
日本でお目にかかった元将校の方は、まさしくベトナム独立同盟(ベトミン)の幹部を育てた人であった。要するに、現在のベトナムの軍隊の根幹に関わったといって差し支えないだろうと思う。

ベトナムでお目にかかった方は、朝鮮新義州にも一時期住んでいたことがあると語っていた。あるいはどこかで古山高麗雄とすれ違っていたかもしれないと、今になって思う。

残留したのは軍人だけではなかった。家族で残留した方にも話を聞く機会があった。その方(女性)の父上が、ベトミンの中枢から信頼されていたという話を伺った。

ベトナムのことに関心をもって10年以上が経ったな、と思う。

a0153209_01084922.jpg


写真は北部バクザン省のボハというところで撮影したもの。老女たちが集まっていたところで、拙いベトナム語でいろいろ訪ねた。その場所にはかつて、新ベトナム人とよばれた、残留日本人が住んでいたのだった。その日本人は、戦時中サイゴンにあった日本の専門学校、南洋学院の卒業生だった。仮にNさんとしておく。Nさんはすでに物故していたが、同級生だった方には何度も話を伺った。

それでボハに行きたくなった。「日本人がいましたよね?」としつこく問うと、「日本人じゃない、新ベトナム人だっ」と老人たちに言われたことが、記憶に強く残っている。あるサイトにそのときのことを詳しく書いたものを載せた。

a0153209_01120930.jpg

写真はボハの水田。泥の道をバイクタクシーのお兄さんに運んで貰った。ときどき橋で、通行料金というのか、お金を払っていたように思うけれども、あれは記憶違いだろうか。

a0153209_01131571.jpg

ボハの寺。ああ、もう二度と、訪ねられない場所を、数時間で去ったことを、今更悔いてしまう、なあ。

a0153209_01140110.jpg






[PR]
by tamaikoakihiro | 2017-03-04 01:14 | 雑感 | Comments(0)