大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

大分、国東半島

この前、大分県に行ってきた。初日は雨だったけれども、午後から晴れて、美しい風景を見られた。

BC級戦犯のことで教えて下さる方々いらっしゃるので、ご厚意に甘えて訪ねたのだった。
a0153209_3534330.jpg

20年ほど前、まだ学生だったとき、九州を自転車で野宿しながらほぼ一周した。大分県では、国東半島の石仏を見た。浜辺で野宿しようとしたとき、近所の若いお兄さんが話しかけてくれて、パンやアイスをくれた。

いい思い出しかない。旅行者だから当然だろうけれども。

このあたり、来ただろうな、と思う場所も通った。案内して下さった方の車の助手席から緑の風景を見て、懐かしかった。
a0153209_3555516.jpg

あの頃は、やることがないから無暗に自転車に乗っていたのだと思う。友人も一人か二人しかおらず、親しもうとする努力もたいしてしていなかった。
a0153209_358295.jpg


20年たって、無暗なところはあまり変わらないけれども、自分を助けてくれる人の存在を得られるようになったことは、大きな違いだと思っている。

時間はかかるけれども、そういうものなのだろうなあ。
[PR]
by tamaikoakihiro | 2016-09-19 04:01 | 戦犯裁判 | Comments(0)