大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

高校、野球、うなぎ、川越

通っていた高校の近くに有名な鰻屋があって、うまいことは当時から知っていた。

野球部の先輩から聞かされたのだったか。

在学中はもちろん行く機会なんてなかった。今年八月、行ってみたら、ひどい混雑で同行の方に大変な迷惑をかけてしまった。

高校の近所には、500円で山盛りの焼きそばを食わせてくれる駄菓子屋があったな。野球部の練習が終わったあと、ときどき行くのが楽しみだった。

店番をしている年輩の女性(おばあちゃん)がいた。「釣りが50円のはずなのに500円が返ってきた」なんて噂もあったけれど、すてきな店だった。

今もあるのだろうか。

制服がなくて、校則もなくて、進学実績をあげようとがんばる教員もいない公立高校だったから、精神的には気楽だった。

ただ「何の束縛も感じなかった」というと嘘になる。

教室から体育館に入るとき、上履きを「体育館シューズ」というのに替えなければならないのだけれども、横着して普段から体育館シューズを履いていると、屈強(そう)な体育教員に怒鳴りつけられる、というのがあったな。

あれは束縛だ。いいじゃんか、どうせ鳩の糞で汚れまくっている体育館なんだしさ、と。

男子校だったのは良かった。着るものに頓着しなくて良いし、汗臭さだとか自分の分泌するいやなものすべてを気に懸ける必要がない。

音楽の女性の講師には、みんなが疑似恋愛していたようだった。ああいうのも、恥ずかしい記憶として貴重だな。

ただ野球だけ、やっていれば、まあ、幸せを感じ、また不幸せも味わえたのだったなあ。

そうだ、同級生との、ちゃんとした付き合いは、京都方面に棲みついたSさんとしかない。

だからか、Sさんとたまに会うと、当時のことを思い出して、いろいろ話が尽きない。Sさんは、吹奏楽部だったから、その方面の友人といまも付き合いが多いらしい。実にうらやましく感じる。

野球部では控え選手だったから、どうもレギュラーの同級生と懸隔を感じていて、その感覚は今も残っているのだな。

それもあって、本を読むようになったのかもしれない。そして本を読んで文章を書くことについては、Sさんの姿勢に、当時から触発されることが多かった(と思う、大げさだけれども)。

いい同級生に会えて、幸運だったなと思う。

高校のことをあれこれ思い出したのは、ノーベル賞を受賞した方が、同じ高校のだいぶ上の卒業生だったと、先ほど新聞で知ったから。

高校時代を思い出して、あの恥ずかしくも何か愉快で、昂揚と陰鬱が入り交じった不思議な感覚が、みぞおちのあたりでもぞもぞしている。
[PR]
by tamaikoakihiro | 2015-10-07 22:10 | 雑感 | Comments(0)