大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

戦犯、小説家、芥川賞

ベトナムに住んでいた頃、フランス領時代の建物を飽かず撮影していた。

サイゴン郊外のチーホア刑務所を発見したときは嬉しかった。

チーホアという地名は地図に載っていて、チーホア市場という
のもあったのだから、うろうろ探せばすぐに見つかった。

a0153209_05192127.jpg


ここに収監されていた日本人のことは、あまり知られていないようだ。
巣鴨プリズンのことは、まあたいていの人が知っていると思うけれども。

チーホアにいた日本人は、だいたいが戦犯容疑者であったようだ。

南方から内地に復員後、捕らえられてここに入れられた人の手記を読んだ
記憶がある。九州の冬兵団の方だったと思う。北部仏印ランソンでの
フランス軍との戦闘の際に起こった問題で罪に問われた日本人が多かった。

チーホアのことを初めて知ったのは、芥川賞作家・古山高麗雄の作品から。

古山はチーホアのことを、草原にぽつんと建つ刑務所として描いていた。

私が見つけたときは、住宅地や小さな工場の類が周囲に密集する
都会のなかの監獄になっていた。

古山は戦犯容疑でここにいて、その後、サイゴン中心部、現在の
裁判所の向かい、ベンタン市場(旧称中央市場)にも近い場所に
あったサイゴン中央刑務所に移され、裁判を受けた。
a0153209_5363713.jpg


判決を受けたのは、1947年だった。そこから作家になるまで
20年と少し。いろいろと曲折があったのだろう、と想像する。
[PR]
by tamaikoakihiro | 2014-12-26 05:26 | 作家 | Comments(0)