大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

散華

『日本海軍 400時間の証言』(NHKスペシャル取材班・新潮文庫)を読んでいる。戦後に行われた「反省会」の存在は初めて知った。

「軍令部」というのが、名前の通り海軍の軍令を司る部署だったことは知っていたけれども、関連書はほとんど読んだことがなかった。陸軍の参謀本部に対置されるのだな。

反省会でのやりとりや、かつて尉官クラスだった人が将官クラスを批判する記述などを見ると、生々しさを感じる。

途中、特攻に関する記述が多かった気がする。

特攻で思い出す本は『戦艦大和ノ最期』(吉田満)である。戦艦大和の沖縄行きは「洋上特攻」なのである。吉田は自分たちのことを「散華の世代」といっていたのだったか……

吉田と親交のあった古山高麗雄の文章を読むと、古山の方では、学徒出陣で応召した吉田のような帝大生は、将校になっているから、わりあい特権階級(軍隊の中では)ということになるらしい。

うろ覚えだけれども、吉田が特攻で出撃した将校たちの死の「意味」を考えようとしていることについて、古山は、自分は死の意味など考えない、と明言していたことが印象に残っている。

応召して学窓を離れ、死の意味を考え続けた学徒将校の死も、農村から召集を拒むこともなく出征した兵隊の死も、同じであると考えたい、といった意味だったと思う。戦死に関し、「散華」と言ったり「犬死に」と言ったりして、色合いを付けるようなこともしたくない、と書いていたと記憶する。実感から言葉なのだろうと思った。

古山は北ビルマ・雲南の作戦で、近くで呆気ない感じで死んだ戦友を見た。敗戦後、サイゴンの監獄では、銃殺刑が決まった「戦犯」たちが、装った朗らかさで過ごす姿を見た。死を直接に見た人らしい、実感が、あったに違いないと思うのだなあ。それがどんなものかは、うまく書けないのだけれども。

a0153209_716738.jpg

(古山の父の出身地、宮城県七ヶ宿町の雪風景)

さて海軍。10年ほど前、南方作戦について国会図書館で調べていたことがある。仕事をしていない時分だったから平日も朝から出かけた。閲覧室でいつも同じ位置に座る老齢の男性がいた。体つきはがっしりしていて、顔の血色はよかった。

いつ見ても、手元には海軍関係の本があった。年齢は80歳代に見えた。応召して海軍に入り、末端で敗戦を迎えたのだろうと想像した。自分がいた場所が、戦史から見ればどんなところだったのか、確認しているのだろうかと思いながら、いつか話を聞いてみたいと思いながら、そうしなかった。
[PR]
by tamaikoakihiro | 2014-09-28 07:20 | 作家 | Comments(0)