大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

七ヶ宿町往還

この前の雪が激しい折、宮城県・七ヶ宿町に行ってきた。出発の朝、東京は吹雪いていた。白石蔵王の駅に到着すると曇天も降雪はなかった。昨年も乗った町営バスが国道113号線を上がって行くと、雪をかぶった山々を望見し、また七ヶ宿のダムの冷え冷えとした水面に「また来たな」と思った。

一年ぶりに会う方々が、また親切にもいろいろとご教示くださった。気になっていたのは、七ヶ宿から白石に行くときのいい方である。

「下る」というのだと教わった。表現はいろいろあるだろうけれども、土地での言い習わし方を教わってありがたく思った。

到着した日の夕方から雪がひどく降り始めた。翌朝はけっこうな積もりようなのだった。それでも行きたいところへでかけた。

a0153209_23351881.jpg


すると帰途は建物から出て駐車場に行くまでにも一苦労になった。腰の辺りまで積もった雪をお世話になった方と交替でかきわけた。100メートルも行くのに30分くらいかかったのではないか。

除雪車がだいぶ遠くから雪をどしどし推しよけながら進むのを、心待ちにした。目の前まで来て、埋もれていた道を露わにしてくれたときには、救われた思いをした。

ついでに除雪車に乗せて貰ってその場を脱出した。途中からは道路パトロールカーに乗り換えさせてもらった。さらに降りて、暗くなった空の下、国道を歩いた。一人だったら心細くてダメだっただろう。

「もっと苦労せよ」

最下級の兵隊として苦労した作家が、そう言っている気がした。

その日、バスは運休した。翌午前中も運休した。バス停を見に行くと、待合室は雪にこれも埋もれていた。

a0153209_23364315.jpg


こういう経験をできるのも縁であり、運であるな、と思った。
[PR]
by tamaikoakihiro | 2014-02-24 23:36 | 作家 | Comments(0)