大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

中津河畔

大川周明終焉の地を訪ねた。小田急線本厚木駅からバスに乗って約30分。局前という素っ気ないバス停で降りて歩くこと5分くらいか。中津川への視界を遮る雑木林を前にした道路に面して立派な門がある。道路は昔、中津往還といったらしい。

この場所から、大川周明は東京裁判の市ヶ谷に向かった。

熊坂半兵衛という土地の有力者が100年ほど前に立てた立派な家だった。案内を乞うたところ、受付をしている隣家の女性が親切にいろいろと教えてくれた。

関東大震災もこの前の震災にも少しの動揺もなかったらしい。建具は建てられたときと同じものだという。

大川塾生が戦後、中津のお宅、と呼んで結婚相手や子供と連れだって訪れたところである。縁側で弟子たちと写真に収まる大川周明の姿を何かの資料で見たが、その縁側はこれだろうと見当をつけて写真を撮影した。

私以外、訪問者はいなかったが、あれこれ想像すると、寂しい感じはなかった。蝉の音がやかましく、66年前の夏もこうであっただろうと思った。

やがて彼が亡くなったとき、大川塾生の代表が弔辞を読んだのだけれども、そのなかに「中津河畔閑寂の地」とあったが、そんな静けさが、恐らく彼の亡くなった冬の季節には、十分に感じられるところだったのだろう。

あれこれ感じたり見つけたりしたことがあったなあ。

速やかにあっちにまとめよう。
[PR]
by tamaikoakihiro | 2011-08-22 21:57 | 東亜経済調査局附属研究所 | Comments(0)