大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

勇戦奮闘

『ビルマ建設戦』という古い本がある。大東亜戦争中に出された本で、「大東亜戦争 陸軍報道班員手記」と副題がある。その中の一章に「ビルマ独立義勇軍」との題で記されたものがある。

ビルマ独立義勇軍、つまりはBIAである。その章から一節を引く。

「皇軍のビルマへ進攻と共に祖国に入った彼等は、各地で同志を糾合し次第にその数を増しながら、皇軍の作戦に積極的な協力振りを示した」

とにかく皇軍が主であり、協力される側であったのだ。

こういう筆致に、そして無論筆者に悪意はなかったのだろうけれども、尊大な印象は、70年後の今、免れない。

先日ある研究所の所内資料のなかでビルマ独立義勇軍幹部の日本人に対するインタビューを読んだが、末尾でビルマ独立に何か貢献したかといったような問いかけを受けて、「とても恥ずかしくてそんなことはいえない」といった主旨の答えを、その元幹部はしていた。

ビルマ独立を日本が阻害した面もまた、あったからだ。

「恥ずかしくて」は、30年ほど前のインタビューで出た言葉で、この人物は、それでも戦後、ビルマの人々と湯人として付き合い、仕事をしてきたことを述べていた。

友人という言葉に、私は大川周明の「一人の友をつくれ」という、大川塾生に贈った言葉を思い出した。
[PR]
by tamaikoakihiro | 2011-07-31 20:31 | 東亜経済調査局附属研究所 | Comments(0)