大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

公園と戦争

少し前の発売になるが、「東京人」(都市出版)6月号で、「軍と戦争を記憶する公園」と題した小文を書く機会を頂戴した。

この号の全体は「歴史で歩く東京の公園」ということで、その中で「昭和史、とりわけ敗戦までの間のことを語れる公園について」といったご依頼なのだった。

昨年の東亜経済調査局附属研究所(大川塾)に関する短期連載のときと同じ編集の方に、お世話になった。

半端な文章になってしまったのではないかと、ちょっと今でも冷や汗をかいている(つもり)。

編集の方には、だいぶ前、「革命の都、東京というのはどうでしょうか」とお話ししたことがあって、それは孫文、周恩来、ベトナムのファン・ボイ・チャウ、クォン・デなどなど、革命志向の人たちが曲折を経て、住んでいたことを、何か文章にできたらなあと思ってお伝えしたのだった。

そのあたりのことを、覚えて下さっていたようだ。

知っている公園がほとんどだったが、加賀乙彦の『小暗い森』を再読できたのはよかった。

存命の高名な作家だが、この人の作品を高校時代に(授業中)読んで、いたく感動し、文筆の途を志したのだといっては、大げさなのだけれども、まあそんなことをぼんやり思ったのだった。

いや、また単純な18歳だったものだ。

歩いてみて、資料を読んでみて思ったのは、東京の公園は、「慰霊の場」なのだなあということ。

慰霊のために、と訪れられる場所ではないのだろうが、期せずしてそうなっている――そんな風に感じた。

詳しいことは、読んでもらえればわかるのですが……

a0153209_2112868.jpg

[PR]
by tamaikoakihiro | 2011-05-30 21:10 | 東亜経済調査局附属研究所 | Comments(0)