大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

音のない世界

久しぶりに朝のラッシュの時間帯で電車に乗った。普段は自転車だから、混雑と雰囲気に圧倒される。

当然だが、イヤホン、ヘッドホンをして何かを聞いている人が多い。

その中に、発車寸前に悠然とドアを割って入ってきた人も、イヤホンをしていて、思った。

発車の案内音が聞こえていないのだろうか。

日本はいいところだ。周囲の音を遮断して生きていても、とりあえず安全に生きていける。

ベトナムで、町中でそれをやったら結構危なかっただろう。

住んでいるとき、勤め先に出かけるとき、遊びに出かけるとき、バイクに乗った。町中はバイクの洪水である。

後ろからバイクを押しのけるように大型トラックが来ることもある。

音を聞いていないと危なかった。

考えてみれば、静かな世界というのは、安全な世界の謂にもなるのだろう。

騒々しいと、それだけでちょっと、危険な感じがする。

そうだ、ベトナムの喧噪に包まれた市場では、後ろから台車を押してくる少年に「どけっ!」とばかりに口笛を吹かれたのだった。

あれは華人街、チョロンの市場でのことだったか。

そのチョロンに、日本人が設立に関与した娯楽場兼賭場があった。

「大世界」という。日本人経営の独立支援商社、大南公司も店を出していたという。

「大世界」はグレアム・グリーンの小説にも戦後、登場する。

戦時中、そこの「陰の顧問役」を任じていた人物は、大川塾生の上司でもあった。

音のことからベトナムまで、朝の通勤電車で頭に思い浮かべていた。

もの思う時間はあるわけだ、生産的でないけれども。
[PR]
by tamaikoakihiro | 2011-02-25 13:32 | 東亜経済調査局附属研究所 | Comments(0)