大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

『スターリンの対日情報工作』

『スターリンの対日情報工作』(三宅正樹・平凡社新書)を週末に読んだ。謎の日本人スパイの正体に肉薄していて後半部、特に引き込まれた。

翻って自分で書いている原稿は遅々として進まない。肉薄するものがあるかどうか、よくよく考えながら書き進めたいと、前掲書を読んで思った。
[PR]
by tamaikoakihiro | 2010-11-08 08:03 | 雑感 | Comments(0)