大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

BC級戦犯の日記から

『巣鴨プリズン』(小林弘忠・中公文庫)から――

BC級戦犯平手嘉一の処刑四日前の昭和二十一年八月十九日付日記

「教義の解明、人事を尽くして天命を待つ。牢獄に人生の目的を見出す。歌を作るべし、文を書くべし。無為を戒めよ。」

とある。

無為を戒めることは、多くの人にできないことなのだろう。私は毎日、無為であることを怖れ、そして何もしていない。怖れるだけで何もしていないということは、死を目前にするかのような姿勢で生きていないからだろう。
[PR]
by tamaikoakihiro | 2010-07-11 08:31 | 雑感 | Comments(0)