大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

日本とタイが戦った

題名のようなことを書くと、「いつのことか?」と疑問を抱く人もいれば、そんなこともあったのだと頷く人もいるのだろう。

東亜経済調査局附属研究所(大川塾)の卒業生が戦前タイに派遣され、手記を残していることは、以前書いた。

その手記を読んでいると、マレー進撃の作戦の必要上、仏領インドシナを発してタイ領に日本軍が入ったときのことが、詳しく書かれている。

平和進駐と後日記されたが、実際には、タイの了解を取り付けられぬまま進駐なのだった。

だから当然タイ側は応戦する。

タイは「ほほえみの国」の異称を持ち、日本人が思い浮かべる東南アジアの国としては、ポピュラーなところだ。

それでも銃火を交えた歴史があるのだ。
[PR]
by tamaikoakihiro | 2010-05-13 05:09 | 東亜経済調査局附属研究所 | Comments(0)