大東亜戦争と南方物語


by tamaikoakihiro

「ご縁」という言葉

今日は、アポイントもなく、ある方のお勤め先に突然お邪魔し、お目にかかった。

初めて会う方だった。何という無謀なことをしたのだろうと、帰宅してから冷汗三斗の思いでいる。

拙稿の掲載された「東京人」をその方のいらっしゃる編集部宛でお送りしてあって、それに対するお返事を本日頂戴し、「ぜひお礼を」と考えたのだった。

厚かましいことに、そして勝手にも「これもご縁なのだろうから」と、道すがら思いこんでいた。

幸いにも快く会ってくださり、丁寧にご対応を賜った。

ありがたいことであった。

しかし34歳になる大人が、思いこみで行動していいはずがない。「ご縁」などというのは、本当に思いこみでしかないことも、多いのだろうし。

私が取材と称して、面晤を乞う方々もまた、私の「ご縁」という幻想に、ひょっとしたら迷惑されているかもしれないのだと考える。

それでもまた、「この方に会ってみたい」「あの方に話を聞かせてもらえないだろうか」などと懲りずに考えるのだが。
[PR]
by tamaikoakihiro | 2010-04-28 23:05 | 雑感 | Comments(0)